家庭教師のお仕事をスカイプで?

家庭教師と言うのは契約している生徒さんの自宅へ向かいそこでマンツーマンで勉強を指導…と言うのも昔の話ではありませんしこの手段はまだまだ主流です。

ですが今日の家庭教師はそれに加えあるツールのお陰で自宅へ向かわなくても指導できるようになりました。そのツールが「Skype(スカイプ)」簡単に説明しますと「インターネット回線を利用してのビデオ電話機能を持つコミュニケーションツール」これを使う事で以下の様なメリットが生まれました。

指導に熱がこもる家庭教師と生徒

わざわざ自宅へ出向く必要が無くなる

今まで通りのやり方だと外がどれだけ荒れ模様でも交通網が麻痺していたとしても契約しているからにはそんな日でも契約を果たしに生徒さんの自宅へ行く必要があり、また交通費も(場合によっては会社から支給して貰える事もありますが)出費すると大変ですがskypeはビデオ電話が出来る環境さえあれば自宅は勿論出先でも生徒さんへ教える事が出来ます。

これにより天候や公共交通機関に振り回される事が無くなりスムーズに家庭教師の仕事をこなしやすくなります。

相手の時間に合わせやすくなる

家庭教師の仕事の日は基本的に生徒さんの都合に合わせないといけません。自分のプライベートはちょっと二の次です。合わせるという事は急に生徒さんが風邪を引いた等の体調不良や部活等で遅れるの延長、急に予定が入ったなどの中止と言った事態に見舞われる事も度々あり貴重な時間が無駄になります。

しかしskypeはインターネットの環境さえあれば何時にやることも可能です。例え深夜だろうが早朝だろうが時間を選ぶ必要が殆どありません。

リファレンス=東京都新宿区の家庭教師一覧|家庭教師のサクシード http://www.benkyo.co.jp/area/tokyo/shinjuku.html

こちらも時間調整がしやすくなり予定も立てやすくなりました。ここまではskypeのメリットの話をしましたがデメリットも少なからずあります。

特に目立つ点だと『実際に指導するのに比べてやりづらい』確かに時と場所を選ばなくはなりましたがその分相手がちゃんと見えないので本当に勉強しているのかが分かりにくく、テキストも見えづらい為悩んでいる部分も確認しづらいのでマンツーマンに比べると確認の手間が増えてしまいました。

インターネットの繋がり具合に左右される

インターネットも毎回スムーズに繋がるとは限らず回線が混んでいたりするとタイムラグは勿論下手したら繋げることすら困難な状況も起こります。

そうなっては業務をこなす事は不可能に近いです。もう自分から自宅に出向いて教えに行った方がスムーズに行える事でしょう。

さてskypeを使っての指導は確かに便利になりましたがその分デメリットもあり良い事ばかりではありません。しかしデメリットさえ先に分かってしまえば恐くはありません。

skypeと従来のマンツーマンの指導で対応し使い分けるのが理想的です。

今の家庭教師は実はあの道具を使ってます!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ノートパソコンを開きながら指導をするスタイルの家庭教師

    2017.06.05 | 注意点

    家庭教師の個人契約についてメリット、デメリットを教えてください。
    家庭教師の個人契約のメリット、デメリットについて、それぞれ主…
  2. 女性の家庭教師と女性の生徒

    2017.08.24 | 注意点

    家庭教師の自己prとは?家庭教師の自己PRは何がベスト?
    どのバイトや仕事でも応募する際に頭を悩ますであろうと「自己P…

カテゴリー

アーカイブ